VR

Virtual Reality技術はゲーム分野だけでなく、エンタープライズの分野においても幅広い活用の可能性が期待されています。R&D部ではVRの業務内での現実的な提供方法について開発・検討・検証を行っております。複数のデモアプリの開発と、業務効率化への効果測定を通し、技術面・開発期間・機器コスト・利用の簡易さ等の実導入を見据えた開発方法と提供形態を検討しています。
このなかでR&D部で実際に構築を伴い検証したテーマとして、以下があります。

・3Dカメラ映像による情報伝達の高度化
・3DモデルとVRシミュレーションによる作業トレーニングの高度化

VR (Virtual Reality) の業務利用とは

近年ゲームやエンターテインメントの分野で、Virtual Realityの技術はとても身近になりました。誤解を恐れず説明すると、VRとは、両目を覆い隠す形でディスプレイから使用者に映像を見せ、頭の位置、角度、移動などの情報からリアルタイムに映像を切り替えることで、あたかも使用者が映像の中にいるかのごとく錯覚を起こさせる技術です。横や上を向いたり歩いたりした使用者の視点と、使用者の手足の代わりとなるコントローラの位置・操作を連動させることにより、直感的かつ大量の情報を使用者に与えることができます。これらの技術は幅広い業務で効果を発揮できるポテンシャルを持っています。
たとえば高所・危険地帯などでの作業イメージの習得、たとえば複雑な機械操作の事前トレーニング、たとえば出張先の情報の共有等、「体感」による情報伝達の可能性は多岐にわたります。この中でR&D部では次の2つのシナリオに沿って開発・実証検証を行いました。

3Dカメラ映像による情報伝達の高度化

画像・映像をそれぞれの目である焦点から見ることで、あたかもその場にいるかのように立体的に閲覧することができます。これはいわゆるスマートフォンなどで映像を投影し、ハコスコなどの安価なスマートグラスを介して閲覧することで、非常に簡単にVRを体験することができます。

特に最近ではWebVRというブラウザ上の技術規格に沿うことで、JavaScriptのみで開発しブラウザ経由で利用者が閲覧することも可能となっており、配布の容易さなどからも利用が加速しております。研究開発ではこれらの容易なVR映像共有・提供手段による業務効率化の可能性を測るため、上図ようなWebアプリケーションを開発し、その上で効果の検討を行いました。PC/スマートフォン上のブラウザから簡単に3D写真・動画を投稿することができ、同様にブラウザ上で様々な媒体に向けた映像の加工・変換・提供を行うことができます。またこのアプリケーションはモジュール化されており、組織内のプライベートな基盤でもスピーディに構築することができ、VRの難点である可搬性と導入・共有を緩和する助けとなっております。

3DモデルとVRシミュレーションによる作業トレーニングの高度化

また、3D動画ベースではなく、3Dモデルを一から構築することによるVRシミュレーションについても研究開発として取り組んでおります。昨今ではUnity等の開発ツールの普及と高度化により、3DモデルをベースとしたVRアプリケーションの構築が非常に容易になりました。これはPCの画面上で表示するのみではなく、HMD(Head Mount Display)経由で実際にこの空間を触っているかのごとく体験することも可能となります。これはシミュレーション用のモデルを個々に作成する分写真に比べ作業に時間がかかること、シミュレーション用途ごとに3Dモデル構築が個々に発生してしまう(汎化が困難)であることなどの課題はあるものの、シミュレーション個別の専用機材が不要な直感的な訓練が可能となるもので、大変画期的です。

PROJECT MEMBER