AzureStack

弊社では多くのお客様向けにMicrosoft Azureでの運用及び支援を行っています。IT費用対効果に優れ、スケーラブルで信頼性の高さが特徴のパブリッククラウドですが、全てお客様のアプリケーションを移行できるわけではありません。この課題に対してR&Dでは、セキュリティと法規制の要件を満たしながらクラウドコンピューティングのメリットを実現するため、Azure Stackを評価しています。ハイブリッド機能による一貫したハイブリッドクラウドモデルは、柔軟なアプリケーション開発オプションの提供を可能にし、Azureで培われたソフトウェア開発の技術をオンプレミスに持ち込めます。これにより、お客様のビジネスのあらゆる側面に影響を与えるデジタルトランスフォーメーションをサポートしていきます。

取り組み

MKIはパブリッククラウドサービスのMicrosoft Azureを、自社のビジネスと顧客のための重要なデジタル変換イネーブラとして使用しています。R&Dでは2010年からAzureを使用していますが、当時と比べるとAzureの進化は進んでおり、現在では高度なデータ分析や機械学習、IoTなどの分野でも活用されています。

オンプレミスのデータセンターにパブリッククラウドの利点を拡張する

弊社はできるだけ多くの自社および顧客のアプリケーションをAzureに移行していますが、パブリッククラウドだけですべての顧客の要求を満たすことはできない状況です。この課題を抱えるのは、国内外の幅広い拠点を持つ大企業です。パブリッククラウドによって現在満たされていないセキュリティ基準や運用に関して、多くの方針が厳しくなっています。たとえば多くの金融機関ではクラウドにデータを格納することができず、場合によってはメーカーの工場もインターネットに接続されていません。またミッションクリティカルなシステムでは、しばしば厳しいワークロード管理が必要です。そのような顧客にデジタルイノベーションを導入するために、オンプレミスで稼働するAzure Stackが必要です。

このためR&DではAzureのハイブリッド機能であるAzure Stackの早期評価を行いました。このAzure Stackはクラウドコンピューティングの敏捷性と高速化の革新をオンプレミス環境にもたらしました。組織はこれを使用してハイブリッドクラウド環境全体で最新のアプリケーションを構築し、適切な量の柔軟性と制御のバランスをとることができます。 Azure Stackを使用すると、お客様は独自のデータセンターとAzureで同じポータル、API、アプリケーションモデル、ツールを使用して真に一貫したハイブリッドクラウドを実現できます。
パブリッククラウドが登場して以来、アプリケーションの導入や運用方法におけるオンプレミスシステムとパブリッククラウドの差により技術者に大きな負担が掛かっていましたが、Azure Stackは運用スタッフとアプリケーション開発者に一貫したインターフェイスを提供するため、Azureと同じ方法でアプリケーションを展開できます。また両方のグループのスキルセットをマージすることで、教育コストを削減できます。Azure Stackのメリットはクラウド環境とオープンソースソフトウェアの両方で共通のユーザー認証方法を適用できることです。
R&DではDell EMCのAzure Stack integrated systemを検証し、Microsoftとハードウェアベンダーと共同でテストを行いました。ここで使用されたユースケースでは全天球写真コンテンツ共有のためのWebアプリケーションです。コンテンツは360度の全天球写真とビデオで構成され、VR体験をユーザーに与えることで2D写真やテキストでは説明が難しい情報を共有することが可能になります。Azure Stackでのこのアプリケーションのデプロイの基本評価を行い、Azure用に開発されたこのアプリケーションがAzureスタックにどのようにデプロイされるかを評価しました。Azure Active DirectoryをID管理に使用してパブリッククラウドのAzureとオンプレミスのAzure Stackで一貫したコンテンツデータの管理も行えます。

アプリケーションの展開に新しいオプションを提供する

AzureとAzure Stackを組み合わせることで、クラウドとオンプレミスの両方で必要に応じて機能を分ける事ができるため、アプリケーション設計に革命を起こす可能性があります。またパブリッククラウドでの概念を取り込み、同じフレームワークをオンプレミスに導入することにより、Azure Stackを使用してオンプレミスアプリケーションの展開を高速化もできます。アプリケーションがどこにデプロイされていても、ユーザーの操作は変わりません。一貫性を維持しやすくなります。

エンジニアの負担を軽減し、トレーニング時間を短縮

展開方法と運用方法はクラウドとオンプレミスで同じとなります。これにより運用担当者の負担は軽減されます。またパブリッククラウドオペレーション用に開発されたアプリケーションをオンプレミスデータセンターに、またはその逆に転送することが可能であるため、開発プロセスで考慮すべき問題が少なくなり、開発者の負担が軽減されます。更にクラウドとオンプレミスの明確な資格を持たずにエンジニアが必要とするスキルセットを単純に「クラウドデベロッパー」に絞り込み、エンジニアのトレーニング時間を短縮することが可能になります。

PROJECT MEMBER